首輪をはずした狛犬 余禄の人生

アクセスカウンタ

zoom RSS 画家たちの原風景 三岸好太郎、神田日勝

<<   作成日時 : 2008/03/24 17:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 
 堀尾真紀子著『画家たちの原風景』〜日曜美術館からという古い本(昭和61年 NHKブックス)を読んでいたら、三岸好太郎が登場する。

 三岸好太郎が好きな題材にしていた、貝殻は愛人から貰ったものだということが、書かれている。
 それなら、貝殻=ロマンということになるわけだ。

 三岸好太郎と作品について

http://blogs.yahoo.co.jp/kyuten60/1485041.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kyuten60/1733079.html

 同じ本に出てくる神田日勝という人に興味を持ったが実物をみたことがないので、なんともいえない。この人も北海道である。

「 八百屋のキャベツは時として値段が二倍にも3倍にも変わる。一個のキャベツの実質的内容、本質的価値は周囲の諸現象の如何を問わず変わりはない。だが・・・世俗的価値感は値段の昇降という具体的現象によって、高級品にもなれば下等品にもなってしまうのだ。」

 孫引きであるが、神田日勝の言葉である。

 神田日勝記念館のホームページ http://kandanissho.com/

 どうやって行けばよいのか良くわからないが、行ってみたいところである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画家たちの原風景 三岸好太郎、神田日勝 首輪をはずした狛犬 余禄の人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる